犬にヨーグルトを与えても大丈夫?与える量は?

更新日:

カルシウムやたんぱく質を多く含み、腸内の健康を保ってくれるヨーグルト。人間には欠かせない食品ですが、犬に与えても大丈夫でしょうか?結論からお伝えすると、ヨーグルトを与えても問題ありません。

Chiemsee2016 / Pixabay

人間がヨーグルトを食べることで様々なメリットがあるように、犬にも様々な効果があります。この記事では、犬にヨーグルトを与える時の注意点効果与えるタイミングなどをご紹介していきます。

 犬にヨーグルトを与えても大丈夫?

JACLOU-DL / Pixabay

上でも書いたように、犬にヨーグルトを与えても問題ありません。特に胃腸が弱っている犬や、消化不良を起こしがちな犬にはぜひ与えたい食品です。

同じ乳製品の中でも、牛乳を犬に与えてお腹を壊してしまったという経験をお持ちの方は多いと思います。牛乳には消化吸収が難しい乳糖が多く含まれているため、下痢などの問題を引き起こす可能性があります。それに比べ、ヨーグルトは発酵時に乳糖が分解されているため、安心して与えることが出来ます。

犬にヨーグルトを与える時の注意点

Profet77 / Pixabay

注意1:体質にあっているか注意して与える

犬の中には、少しの乳糖でも下痢を起こしてしまったり、アレルギーを持っていたりする場合があるので、注意が必要です。犬の体質に合っているのか十分に見極めましょう。

また、初めて犬にヨーグルトを与える場合は、少量与えて様子をみましょう。体の表面に異変がなくても、体内で問題が起こっている場合もあるので、ヨーグルトを与えた後の2日間ほど便の様子を観察することも大切です。

注意2:与えすぎに注意

ヨーグルトを与えすぎてしまうと、胃に負担がかかり、お腹を壊してしまう可能性があるので、与えすぎには注意が必要です。

注意3:低脂肪のプレーンタイプを選ぼう

砂糖や果実の味がついたタイプのヨーグルトを与えると、ドライフードなど普段の食事を避け、偏食してしまう場合もあるので、低脂肪やプレーンタイプのものを選びましょう。

ヨーグルトの効果

犬も人間も健康な状態でいるために大切なことは、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが保たれていることです。健康を保つには、腸の中で、善玉菌と呼ばれる、ビフィズス菌や乳酸菌の数が悪玉菌を上回っている必要があります。そのバランスが崩れてしまうと、免疫力が低下し風邪を引いたり、消化不良を起こしてしまいます。そこで、乳酸菌を多く含み、腸内環境を整えてくれるヨーグルトは、免疫力を高めるために必要な食品です。

Engin_Akyurt / Pixabay

またヨーグルトに含まれる乳酸菌は犬の口臭予防歯周病にも効果があるため、無糖タイプのヨーグルトは犬の口内を清潔に保つための働きもあります。

与える量は?どうやってあげればいいの?

Silberfuchs / Pixabay

まず、無糖のプレーンヨーグルトは100gあたり約60〜70kcalあるので、かなり高いということを知っておくことが必要です。

そして与える量ですが、目安として、3キロの犬にはティースプーン1杯、5キロの犬にはティースプーン1杯半〜2杯程が好ましいです。

我が家では、ドライフードにティースプーン1杯分を混ぜて与えたり、消化酵素を含む生のキャベツや人参などの野菜と一緒に与えることもあります。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は体内で1週間しか生存できず、腸内の細菌バランスは常に変化するため、毎日少量のヨーグルトを与えると効果的です。

元々我が家の犬はお腹を下しやすく、普段から軟便に悩んでいましたが、毎日少量のヨーグルト与える生活を続けたところ、健康な体を取り戻してくれました。健康なうんちはサッと拾えるので、お散歩もかなり楽になり助かっています。

まとめ

体質に合いさえすれば、健康にとても良い食品なので、毎日の食事に取り入れつつ、健康な腸内環境を作ってあげてください。

スポンサーリンク

-ブログ
-, , , ,

Copyright© ヨーグルトジャーナル , 2019 All Rights Reserved.